水道の異変に注意!水のトラブルの予兆に気をつけよう

突然起こる水のトラブルですが、実は発生前に予兆があったにもかかわらず、見逃したり放置することで発生を食い止められないケースも多々あります。水道が使えないと生活に影響を与えますし、不快な思いもしますので、予兆を感じたらすぐに対応するようにしましょう。特につまりが起こる前には予兆があるケースが多いため、つまりに関する予兆について把握しておきましょう。

■トイレつまりの予兆

トイレを流した時に、タンクから流れる水量は通常通りなのに、流れが悪いと感じたら、つまりの予兆である可能性が高いです。便器内の排水に時間がかかったり、流すと一度水位が上がってから流れていくようであれば、軽度のつまりと考えましょう。すでに何らかの原因で流れが悪くなっていますので、そのままにしておくと何かの拍子に完全につまってしまう恐れがありますので注意が必要です。


■台所で起こる排水つまりの予兆

台所で水を流した時に、ボコボコと音が出だしたら、排水つまりの予兆であると考えられます。水が流れる際に、パイプ内にある空気が押し上げられ、下からの圧力で水が動くことでボコボコと異音が発生します。完全につまってはいませんが、水が流れる道が狭くなっている可能性があります。




■まとめ
水のトラブルで排水がつまる場合、その多くのケースで予兆を感じることができます。水道を使っていて違和感がある、異音がする、流れが悪い等の症状がある場合には、そのままにせず、つまりを想定して対処するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ