蛇口の漏れによる水のトラブル対応

水のトラブルの多くを占める水漏れには、蛇口だけではなく、そのつけ根やハンドルの接続部からも漏れることもあります。自分で水のトラブル対応をする前に、自身での対応が可能かどうか、専門の修理業者に任せるべきか考えてみましょう。

■蛇口の種類を確認する

蛇口の種類は各メーカー様々なタイプが販売されていますが、大きく2種類に分けられています。1つはシングルレバー混合水栓と呼ばれ、レバーが1つで上下、左右に動かして水やお湯の量を加減しながら出す蛇口です。もう1つはハンドル混合水栓で、昔から使用されているタイプです。冷水と温水の2つのハンドルがついており、両方を調節しながら水温や量を調節する蛇口となります。新築の家にはほぼシングルレバー混合水栓が取り付けられており、古い家にはハンドル混合水栓が多くなります。

■カートリッジやパッキンの型番、品番を確認する

蛇口部分の水漏れ対応の原因は、部品の劣化や損傷が考えられます。まず蛇口の種類やメーカーを確認したら、部品が手に入るかを確認しましょう。形状やサイズはメーカーによって異なりますので、必ず品番や種類を間違えないように注意します。近くのホームセンターで販売していたり、メーカーから取り寄せが可能であれば、自分で交換することもできます。


■まとめ
蛇口の水漏れ対応をするなら、まずは蛇口がシングルレバー混合水栓かハンドル混合水栓か確認した上で、メーカーの型番、品番を控えて修理する部品が手に入るかどうかを問い合わせましょう。蛇口 交換が必要だったり、修理が難しい、専門的すぎると感じた人は、迷わず修理業者に依頼することをお勧めします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ